センターについて

  • センター長ご挨拶
  • センターの役割

センター長ご挨拶

肝疾患に関するご相談・ご質問をお受けしています。

岡山大学病院では岡山県肝疾患診療連携拠点病院として「肝炎相談センター」を設置し、医師・看護師・治験コーディネータ・薬剤師・栄養士などより構成される肝疾患サポートチームが電話や面談により患者さんからの相談を受けています。最近では出張肝臓病教室などでの情報提供も行っています。また、精査・治療が必要な場合には岡山県肝炎専門医療機関と連携し、良質かつ適切な肝疾患医療が提供できるように努めています。

肝臓は沈黙の臓器と言われるように、多くの場合調べてみないと病気の有無がわかりません。健診で肝機能異常を指摘された時、血縁の方に肝疾患が発見された時、など何かのきっかけがあった時に気軽に相談していただきたいと思います。

次々と新薬が認可されているC型肝炎や、長期にわたって肝臓に潜伏するB型肝炎、近年増加が著しい脂肪性肝疾患など、多くの疑問や希望にこたえていきたいと思います。肝炎に関する疑問や不安がございましたら、「肝炎相談センター」にご連絡いただければ幸いです。

肝炎相談センター長 高木 章乃夫

Copyright © 岡山県肝炎相談センター.All Rights Reserved.